東京で働きたい歯科衛生士のための特集情報


東京で働く「歯科衛生士」インタビュー



東京で働きたい歯科衛生士のための「お役立ち情報」

東京で働きたい理由は?

あなたはなぜ東京で働きたいと考えていますか?

 

あるサイトの情報によると以下の5つが本音の理由と紹介されています。

1位:環境を大きく変えたい

2位:彼氏・彼女が東京にいる

3位:仲のいい友人が東京にいる

4位:趣味を充実させたい

5位:希望の仕事に就きたい

 

実際、東京は全ての一流のものが集まる場所。出会い、情報、経験、東京だけでしか味わえない仕事生活があります。

 

目的をしっかり整理することが、東京でハッピーに仕事生活を送る第一歩です。

 

参考サイト:上京転職LABO

参考サイト:上京しなかった後悔、上京した後悔



東京で働く歯科衛生士の給与は?

東京の新卒歯科衛生士の入社時平均月給は、24万~25万円となっています。

中には27万円など高額な給与設定のケースもありますが、求人詳細を見ると「固定残業代(あらかじめ残業代を手当として支給)」の設定が多いようです。

 

家賃が高い東京は、他のエリアに比べて給与水準は高いと言えるでしょう。

 

ちなみに歯科衛生士の平均給与を紹介しているサイトでは東京が一番高いデータ(年収392万/平均年齢34.4歳)が出ています。

 

新卒時の給与からの上昇額を単純計算すると毎年5~6万(月額5,000円)ほど昇給しています。

 

参考サイト:求人ボックス



東京で一人暮らしに必要な生活費は?

2017年の政府統計(家計調査)によると34歳以下の単身世帯の、家賃を除く1か月の生活費は、平均12万円程度。東京では物価が高いため13万~14万円で考えると良い、と紹介されています。

 

上記から逆算すると、初任給25万円程度の月収の場合、家賃は6万円以内に抑えたいところです。

 

以下の参考サイトでは、引っ越しや一人暮らしを始めるときの費用等も詳しく紹介されています。

 

参考サイト:CINTAI情報局



どのエリアに住む?

一人暮らしのエリア選びで重視するポイントには以下のようなものがあげられます。

 

1位:通勤アクセス

2位:周辺施設、食事、買い物のしやすさ

3位:街の雰囲気

4位:家賃の相場

5位:治安の良さ

 

こうした観点から、仕事は東京を選び、住居は近隣エリア(神奈川・埼玉・千葉)を選ぶケースも多くあります。または、東京に遊びに行きやすい距離で近隣エリア(神奈川・埼玉・千葉)に仕事と住居を決める方も多いようです。

 

以下、東京都内で6万円以内の物件が多いエリアの情報サイトです。

 

参考サイト:お家のいろは

参考サイト:CALLFORCE

参考サイト:ROOMPIA

 

東京への通勤に便利な近隣エリアの情報サイトです。

 

参考サイト:ROOCH

参考サイト:CHINTAI情報局



就職活動や家探しはいつする?

地方から上京して一人暮らしを始めたい歯科衛生士の就職の場合、早めのスケジュールで動くのが望ましいと言えるでしょう。

 

就職活動については、夏休みを利用するのがもっとも余裕をもてるので望ましいと言えるでしょう。1回の上京で3~4医院の見学・面接を受けられるように調整すると効率がよいでしょう。

 

複数の就職先候補を見学することで、迷っていた「就職先に対する優先順位」も自然と整理され、どこか自分にとって良い選択か?が決めやすくなります。

 

もちろん、9月以降でも上京日程が確保できれば、十分に就職活動は可能です。上京の際には、少し滞在期間を長くして、住まい候補のエリアを下見するのもお勧めです。

 

家探しについては、1月中までに決めるのがベストです。その理由は2~3月はもっとも引っ越し需要が高まる時期で、良い条件の家を探しにくくなることと、引っ越し業者の手配も早めに行う必要があるからです。

 

ただし物件を予約すると、家賃が発生することもありますので、不動産会社の方と相談しながら進めることをお勧めします。

 

なお、東京での家選びについては、分からないことが多いので、上京をする以前に、候補エリアの不動産会社に事前に電話相談をすることで、効果的な家探し活動を行えるでしょう。

 

参考サイト:CHINTAI情報局



東京に来てよかったと思えるために「マネジメントできる衛生士になろう」

不安やリスクを背負って「東京に来てよかった!」と心底思えるには、仕事を通じた「①良き出会い」「②良き経験」「③人間としての成長」を自分で感じられたときです。

 

この3つを手に入れるためには、人並み以上の努力と職場貢献が必要です。

 

歯科衛生士の給与は、通常、年間で5~6万円ほどの昇給です。年収で420万ぐらいで通常は頭打ちになります。

 

しかし、中には年収500~600万円を超える収入を得ている先輩衛生士もいます。

 

自分の仕事が認められ高い年収を得るためには、2つの道しかありません。

 

1つは、歯科衛生士としてのスキルを圧倒的に高くし、数多くの患者さんに高度な医療を提供できるようになることです。つまり一流のスキルを磨く道です。

 

もう1つの道は、チームのリーダーとして、自分だけではなく、回りの人たちが働きやすく、効果的に仕事ができるような「管理職(マネジメント)」としてのスキルを身につける道です。

 

せっかく上京してチャレンジするのであれば、いずかの道で立派な衛生士を目指すことをお勧めします。

 

役に立つ人の給与は、自然と上がっていきます。

お金がすべてではありませんが、上の2つの道を究める努力を続けることで、収入面、人との出会い、成長など、豊かな人生が展開していきます。

 

就職後こそ、本当の勉強のスタートです。楽しみながら一つ一つ知識や技術を磨いていきましょう。



一人暮らしを始めるために準備したいこと


DHプレミアムマッチングでは、地方から上京し、東京や近郊エリアで就職を希望している歯科衛生士の皆さんを丁寧にサポートしています。

 

特に、1回の上京で3~4件の候補を絞り込んだり、移動距離や見学・面接の時間を考えたうえで、日程を調整するのはとても難しいことです。

 

また、右も左も分からない中で、就職や一人暮らしを始めるのは不安が多いものです。職場探しだけでなく、住まいエリアや就職転職活動のスケジュールなども、アドバイスさせていただきます。

 

LINEでお気軽にご相談ください。